TOPページ > 債務整理の方法「Q&A:任意整理と調停の使い分けは?」

債務整理の方法「Q&A:任意整理と調停の使い分けは?」


カードローン比較ランキングが提供する債務整理の方法。今回は「Q&A:任意整理と調停の使い分けは?」です。皆さまの参考になれば幸いです。

債務整理の方法「Q&A:任意整理と調停の使い分けは?
多重債務に関するQ&Aについてお答えしたいと思います。

Q:任意整理と調停の使い分けについて教えて下さい。

A:任意整理(弁護士介入)の場合は、債務整理に関して法的に一定の権限を持つ弁護士が行うので、調停に比べて債権者の合意が取り付けやすい、借金の取り立てがすぐに止まる、債務者は余り動かなくてよいなどの長所がありますが、弁護士報酬がかかる、債権者の件数が多いとさらに報酬がかさむなどの短所もあります。

調停の場合は弁護士介入の任意整理に近い効果が得られ、費用が安い(数千円程度)のが長所です。費用は債権額に比例するため、債権者数が多い場合にはとくに有利です。

しかしながら、裁判所での手続きは本人が出向いて行う必要がある、借金の取り立てがすぐに止まらない、調停委員によって調停あっせんの結果に個人差がある、任意整理に比べて債権者の返済計画に対する合意率が低いなどの短所もあります。

したがって、債権者数が比較的少なく、弁護士報酬が負担できる場合には任意整理、債権者数が多かったり、弁護士報酬が払えそうにない場合は調停がよいでしょう。

また保証人があったり、一筋縄ではいかないような債権者があるなど難しいケースの場合には弁護士に依頼することをお勧めします。

参考になさってください。

<続く>

なお多重債務に陥らないためにはローンを利用せざるをえない場合でも、少しでも金利が低く、銀行や銀行グループの金融機関などしっかりした会社を選ぶことが大切ですね。くれぐれもヤミ金などに手を出さないようご注意ください。

>> カードローン金利比較ランキング+口コミ(2019年8月)

債務整理の方法

最新版!カードローン金利比較ランキング
(2019年8月) New!
債務整理の方法

コンテンツ・インデックス

トップページ
最新版!カードローン金利比較ランキング
(2019年8月) New!
各カードローンの口コミ
実録!カードローン返済法
カードローン百科
債務整理の方法
カードローンの基礎知識
クチコミ募集中

カードローンに関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

評価/口コミを投稿する

メールの場合はこちらから mail@card-loan-hikaku.sakura.ne.jp

運営者情報

運営者:中央アセットプランニング

連絡先:mail@card-loan-hikaku.sakura.ne.jp

PAGE TOP