TOPページ > カードローン百科「貸金業者と債権の消滅原因」

カードローン百科「貸金業者と債権の消滅原因」


カードローン比較ランキングが提供するカードローン百科。今回は「貸金業者と債権の消滅原因」です。皆さまの参考になれば幸いです。

カードローン百科「貸金業者と債権の消滅原因
カードローンの基本的な法律としては「貸金業法」以外にも「民法」があります。今回も民法について解説したいと思います。

カードローンなどの債権の消滅原因として、消滅時効の完成、権利の存続期限の到来、解除条件の成就、契約の解除、取消しの他、民法に規定されているものは、弁済、代物弁済、供託、相殺、更改、免除、混同です。

債権の消滅原因で最も代表的なものが弁済です。弁済とは、債務者やその他の第三者が、債務の本旨に従って債権の内容の給付を実現する行為です。

弁済の提供は債務の支払場所へ金銭を持参しなければなりませんが、債権者が予め弁済の受領を拒んだ場合や債務の履行に債権者の行為が必要な場合、債務者は弁済の準備をし、催告をすれば弁済の効果が認められます。

弁済と同じ効果は、代物弁済、供託、相殺にもあります。

代物弁済とは、本来の給付と異なる他の給付により債権を消滅させる契約であり、供託とは、弁済の目的物を供託所に寄託して債務を免れる制度です。

<債権の一般的消滅原因>

・弁済:債務の本旨に従って債権の内容の給付を実現する行為

・代物弁済:本来の給付と異なる他の給付により債権を消滅させる契約

・供託:弁済の目的物を供託所に寄託して債務を免れる制度

・相殺:債務者が債権者に同種の債権を有する場合に、互いの債務を対当額で消滅させること

・更改:債務の重要な部分を変更して旧債務を消滅させ新しい債務を成立させる契約

・免除:債権者が債務を消滅させる意思表示をすること

・混同:債権と債務が同一人に帰属すること


相殺とは、債務者が債権者に同種の債権を有する場合に、互いの債務を対当額で消滅させることです。

更改とは、債務の重要な部分を変更して旧債務を消滅させ、新しい債務を成立させる契約であり、免除とは、債権者が債務を消滅させる意思表示をすることです。

混同とは、債権と債務が同一人に帰属することです。

<ポイント>

1.弁済の提供とは債務者が現実に債務を支払い場所に持参などをすることをいいます。

2.債権者が弁漬を拒んだとしても、債務者が弁済に必要な準備をし、催告すれば、債務不履行を免れることができます。


債権の消滅原因は弁済だけでなくさまざまな事情によって生じます。

参考になさってください。


>> カードローン金利比較ランキング+口コミ(2019年10月)

カードローン百科

最新版!カードローン金利比較ランキング
(2019年10月) New!
カードローン百科

コンテンツ・インデックス

トップページ
最新版!カードローン金利比較ランキング
(2019年10月) New!
各カードローンの口コミ
実録!カードローン返済法
カードローン百科
債務整理の方法
カードローンの基礎知識
クチコミ募集中

カードローンに関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

評価/口コミを投稿する

メールの場合はこちらから mail@card-loan-hikaku.sakura.ne.jp

運営者情報

運営者:中央アセットプランニング

連絡先:mail@card-loan-hikaku.sakura.ne.jp

PAGE TOP