TOPページ > 実録!カードローン返済法「給料日に貯蓄額をキープする」

実録!カードローン返済法「給料日に貯蓄額をキープする」


カードローン比較ランキングが提供する実録!カードローン返済法。今回は「給料日に貯蓄額をキープする」です。皆さまの参考になれば幸いです。

実録!カードローン返済法「給料日に貯蓄額をキープする
こちらのコラムでは執筆者の実体験に基づくカードローン、キャッシングによる借金の返済ノウハウについてご案内したいと思います。

さて給料日には、何はともあれ、まずは貯蓄額を別にしておきます。これはお金を貯めるうえでもっとも重要なポイントです。

収入−貯蓄=支出

この式をしっかり頭に入れておきましょう。

これから貯蓄を始める人は、最初は忘れないよう手帳などに書いておきましょう。「給料が入ったら第一優先で返済をする」と書いていますが、お金を貯めるときにも同じことがいえます。

「給料が入ったら第一優先で貯蓄をする」

私はこれまで、借金返済のために、いの一番に返済をしてきたので、当然、返済したあとに残ったお金で生活してきました。返済が今度は貯蓄に変わりましたが、やっていることはそんなに変わっていません。

この場合でも、貯蓄額をあらかじめ別の口座に移しておいて、残ったお金で生活していきます。

これまで借金を返済してきた人であれば、その返済額を除いても生活できることが分かっていますから、これまでどおり実行すればいいだけなのです。

貯蓄額は「目標シート」に書いてある金額なので、それを引き出せばいいのですが、問題は残った金額です。

この金額で生活していくためには、固定費と変動費を足した金額とほぼ同額でないとむずかしいことになりますね。

もし足りないようなら、変動費で調整していきます。

固定費は、その性質上すぐに変えることはできません。ですから、生活費が足りない状態が何力月も続くようなら固定費の見直しをしてみてください。

それをやってもまだ厳しい場合には、最終的に貯蓄額を調整しましょう。貯蓄額を変更した場合には「目標シート」も合わせて更新してください。

貯蓄額を減らしても、「ああ、やっぱり自分はなかなか貯金できないのかなあ」なんて思わないでくださいね。

最終的には、1万円でも5,000円でもいいですから、貯蓄をし続けていくことが大事です。当初の想定より時間がかかってしまったとしても、続けることが自信につながります。やり続ければ必ず目標は達成できますよ。

また、カードで買い物をしたときには、必ずその分のお金を取っておきましょう。カードでのショッピングは一時的にお金を借りることになりますので、「借金」です。自分のお金ではありませんので、その分は特に意識するようにしましょう。

ちなみに私は、給料が振り込まれる銀行のほかに、ネット銀行の口座を使っています。

生活費など(食費、公共料金などの引き落とし、カードの支払い代金、その他雑費等)は給料振込口座に残したままにして、貯蓄や投資資金、家賃などはそれぞれの金額が分かるように目的別口座のあるネット銀行の口座に移しています。

口座もWeb上で簡単に作れますので、ほかにも旅行費用や父への仕送り用などを作ったりしています。さらに口座ごとに目標金額と期限を設定できますので、まさに「至れりつくせり」。

現在家賃は口座振込ですが、ネット銀行なら振込手数料が無料のところがいくつかあるので、ここでも節約できています。

ネット銀行については自分の用途に合ったものを調べて、実際に使ってみてください。

参考になさってください。

<次回に続く>

ファイナンシャルカウンセラー

>> カードローン金利比較ランキング+口コミ(2019年9月)

コンテンツ・インデックス

最新版!カードローン金利比較ランキング
(2019年9月) New!
実録!カードローン返済法

コンテンツ・インデックス

トップページ
最新版!カードローン金利比較ランキング
(2019年9月) New!
各カードローンの口コミ
実録!カードローン返済法
カードローン百科
債務整理の方法
カードローンの基礎知識
クチコミ募集中

カードローンに関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

評価/口コミを投稿する

メールの場合はこちらから mail@card-loan-hikaku.sakura.ne.jp

運営者情報

運営者:中央アセットプランニング

連絡先:mail@card-loan-hikaku.sakura.ne.jp

PAGE TOP