TOPページ > 実録!カードローン返済法「ザックリ家計簿で家計を見直す」

実録!カードローン返済法「ザックリ家計簿で家計を見直す」


カードローン比較ランキングが提供する実録!カードローン返済法。今回は「ザックリ家計簿で家計を見直す」です。皆さまの参考になれば幸いです。

実録!カードローン返済法「ザックリ家計簿で家計を見直す
こちらのコラムでは執筆者の実体験に基づくカードローン、キャッシングによる借金の返済ノウハウについてご案内したいと思います。

1ヵ月のだいたいの支出を把握して、家計を見直します。

「ザックリ家計簿」を紹介しましたが、現在家計簿をつけていない人はこの内容に入る前に、まずは「ザックリ家計簿」から始めてみましょう。

家計簿を2、3ヵ月続けるころには、自分が1ヵ月にだいたいいくら使っているのか分かるようになると思います。

そこで次は、ザックリと「何に」「どのくらい」使っているのかを把握します。

これが分かれば、家計を見直すことができます。

「何が無駄か」「もっと削れるところはないか」など、毎月の貯蓄額を除いても生活できるようにするためにできることがないかを探すのです。

「ザックリ」のレベルですが、次のような「支出に占める金額が大きいもの」を目安にしてください。

・固定費:家賃、保険料、公共料金、通信費

・変動費:食費、光熱費、交際費、その他

固定費とは、毎月一定額、または、ほぼ同水準で定期的に発生する費用のことです。

変動費とは、生活における活動度合いによって変動する費用のことです。各人の生活スタイルによって異なると思いますので、ほかにも思い当たるものがあれば挙げてみましょう。

さて、いくらあったか分かりましたか?

これらの項目を数ヵ月分見てみますと、それぞれに毎月いくら使っているのかが何となく分かってくると思います。

そのうち、「これもっと減らせないかな?」と考え出すはずです。具体的な数字が分かってくると、考え方も行動も具体的になってきます。

「節約するときには固定費から見直していきましょう」と本やサイトなどによく書いてありますが、それはそのとおりだと思います。

一度見直せば、定期的な費用なので、一回の努力だけで年間の支出をコントロールできるからです。

固定費を見直したら、次は変動費を見ていきましょう。食費などは一番減らしやすいところだと思うかもしれませんが、極端な減少は継続しないので、バランスを見ながら調整していきましょう。

浪費しがちな人は、特に変動費のうち、何に一番お金を使っているのかよく把握しておきましょう。

それは本当に必要なものだったのか、ここで考えてみてください。

もし必要でないものであれば、来月から意識して減らすよう心がけます。具体的に数字目標を立ててもいいですね。

私の場合、任意整理をする前から、毎月の返済額を増やそうと固定費や変動費についてはだいぶ見直していました。

引っ越しをしたり、保険の見直しをしたり、毎日自炊したり、交際費も大きく減らしました。

借金を返済したいまでは交際費にも比重を置いていますが、月によって抑えたり、ほかの項目と調整したりしてバランスをとるよう心がけています。

そのときどきに調整して、自分の負担にならないようにしていけば長く続けられると思います。

参考になさってください。

<次回に続く>

ファイナンシャルカウンセラー

>> カードローン金利比較ランキング+口コミ(2019年12月)

コンテンツ・インデックス

最新版!カードローン金利比較ランキング
(2019年12月) New!
実録!カードローン返済法

コンテンツ・インデックス

トップページ
最新版!カードローン金利比較ランキング
(2019年12月) New!
各カードローンの口コミ
実録!カードローン返済法
カードローン百科
債務整理の方法
カードローンの基礎知識
クチコミ募集中

カードローンに関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

評価/口コミを投稿する

メールの場合はこちらから mail@card-loan-hikaku.sakura.ne.jp

運営者情報

運営者:中央アセットプランニング

連絡先:mail@card-loan-hikaku.sakura.ne.jp

PAGE TOP