TOPページ > 実録!カードローン返済法「貯金の「目標」を明確にする」

実録!カードローン返済法「貯金の「目標」を明確にする」


カードローン比較ランキングが提供する実録!カードローン返済法。今回は「貯金の「目標」を明確にする」です。皆さまの参考になれば幸いです。

実録!カードローン返済法「貯金の「目標」を明確にする
こちらのコラムでは執筆者の実体験に基づくカードローン、キャッシングによる借金の返済ノウハウについてご案内したいと思います。

お金を貯める場合でも、借金を返す場合と同様に、目的の明確化が必要になります。

1.いま、お財布にいくら入っていますか?

借金を返済し終わった人はもう言えますね。言えない場合はいますぐ確認してみましょう。

2.現状を「見える化」する

家計状況を把握するために、家計資産状況表をご紹介しました。資産と負債を確認して、この家計資産状況表を早速作ってみましょう。

借金を返済した人も、ここで一度内容を更新してみましょう。負債が減ったことが目に見えて分かると、とてもうれしいものです。

3.「目的」を明確にする

「目的」を明確にすることは、お金を貯めるうえで一番大事なことです。これが計画を立てるうえでの出発点となります。

「急に仕事がなくなったときの生活資金」のためなのか、「老後の生活資金」にするためなのか、または「学校に行くための学費」なのか、「旅行代金」なのか。あなたの「目的」をここではっきりと言葉にしておきましょう。

4.「目標」を決める

「目的」が明確になったら、次は「いつまでに」「いくら」貯めるのかを決めます。

ここでのポイントは、細かい数字にはこだわらないで、とりあえず仮でも決めることです。決めないことには先に進めませんし、決めた数字が実行可能かどうかはやってみないと分かりません。やってみて、「ちょっと厳しいな」「もうちょっと増やしても大丈夫かな」と思ったら調整してみましょう。

5.「目標シート」を作成する

「目的」と「目標」が決まったら、目に見えるようにすることで意識しやすくするために、それを書き出して「目標シート」を作成してみましょう。さらに、それを持ち歩いて常に確認できる状態にできれば意識に浸透するので、目的を達成する確率が高くなります。

6.「本物の目標」にする

途中で簡単に挫折しないよう、「本物の目標」にします。

一つは「この目標を達成できなかったら、どんな人生になってしまいますか?」という痛みを感じる質問。もう一つは「この目標を達成できたら、どんな人生になっていますか?」という快楽を感じる質問です。

人間は感情の生き物で、イヤなものは避け、自分にとって心地よいものを選びます。目標を達成したときの快楽をイメージできれば、無意識にそれにつながる行動をしやすくなりますよ。

参考になさってください。

<次回に続く>

ファイナンシャルカウンセラー

>> カードローン金利比較ランキング+口コミ(2019年9月)

コンテンツ・インデックス

最新版!カードローン金利比較ランキング
(2019年9月) New!
実録!カードローン返済法

コンテンツ・インデックス

トップページ
最新版!カードローン金利比較ランキング
(2019年9月) New!
各カードローンの口コミ
実録!カードローン返済法
カードローン百科
債務整理の方法
カードローンの基礎知識
クチコミ募集中

カードローンに関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

評価/口コミを投稿する

メールの場合はこちらから mail@card-loan-hikaku.sakura.ne.jp

運営者情報

運営者:中央アセットプランニング

連絡先:mail@card-loan-hikaku.sakura.ne.jp

PAGE TOP